お金の話①~クレジットカード・銀行編~

クレジットカード・銀行編

こんにちは!今日はみなさんが一番気になるお金の話の第一弾です。

実際に、私がゴールドコーストへ来て困っていることがあります。

私は、現金を30万円とJCBのクレジットカード1枚(引き落としの口座に30万円)でゴールドコーストに来ました。3か月語学学校に通うので、3か月は無収入ですが、かなり十分な額です。私は遊びまくりたかったので、ギリギリまで仕事をして貯めてきました。あまり遊ばない人はもっと少なくても(この額の半分でも)十分やっていけます。

で、食べたり遊んだりで結構使っている訳ですが、クレジットカードの出番があまりなく、正直ピンチなんですww

というのも、

JCBのクレジットカード使えるお店少ない!!!!

VISA、Master Card、American Expressの3強です。

たまーに、一部のお店でJCBが使えますが、運ゲーです。ということで、用意していたうちの30万円は使いづらいものとなりました。本当に余裕を持って、お金を準備していてよかったです。

しかし、中にはカード決済しか無理なお店も多いです。

そこで、必要になるのが、銀行での口座開設です。

ワーキングホリデーの人は必ずです!

口座開設なんて日本でも面倒なのに、海外でできるのかしら?と私もかなり不安でした。

安心してください。履いてますよ。簡単ですよ。

私は、ANZ銀行(サウスポート支店)を利用しました。そこら中にありますし、日本人スタッフがいる店舗もあります。友だちもみんなANZで口座を作っていました。

サウスポート支店の場合ですが、まず直接店舗に行きます。

→待っていると、タブレットを持った日本人スタッフのお姉さんが声を掛けてくれました。

→口座を作りたいという旨を伝えます。

→予約が必要なので、平日で希望の時間帯を伝えます。

→予約完了。マイナンバー(カード不要。番号分かればOK)とパスポート持ってきてね♡

という流れでした。すぐに予約完了のメールもくれます。

で、当日に再び店舗に行き、担当者と一緒に口座を開設しました。日本のように書類+印鑑という形式ではなく、大きなパソコン1台の前に担当者と私が座り、画面を見ながら一緒に登録していく感じでした。

最後に、アプリやネットバンキングの操作方法やATMの使い方までつきっきりで教えてくれ、とても丁寧でした。もちろん日本語です。

余談ですが、オーストラリアの銀行の女性スタッフの服装は、日本のようにカチッとした制服ではなく、自由なオフィスカジュアルでした。ノースリーブワンピを着ていたり、鼻ピアスをしていたりだとかオシャレです。まあ鼻ピはともかく、海外の働く女性の服装って露出もいい感じにしていてセクシーで素敵だなあと思いました。

あ、話戻りますね。びっくりしたのは、金利の高さです。今回、3つの口座を開設しました。

① 普通口座(ATMで出し入れするメイン口座&デビットカード利用時にお金が落ちる口座)

→ 金利0%

② ネット上の口座(ATM利用不可だが普通口座への移動は何度でも自由!クリック1つですぐ移動可能)

→ 金利0.5%&最初3か月2.05%(私の場合なのかな?)=2.55%←!!

③ 積立貯金(当座預金。帰りの飛行機代などすぐに使わないお金用=貯金メインの口座)

→ 金利1.3%

いろいろ条件はありますが、日本では考えられない金利ですよね?なので、ワーホリや長期留学でお金をドサッと持ってきた方は②ネット口座か③積立口座に入れておくとわずかながらお金が増える訳です!

一般に、銀行口座を開設する理由としては、次の3つです。

⑴ 大金をいつまでもトランクケースに入れておくor持ち歩くのは気が気でない

⑵ お給料をもらうためには口座が必要

⑶ デビットカードがもらえると何かと便利

JCBのクレジットカードがほぼ使えない私にとっては(3)のデビットカードがかなりほしいところだったのです!これでカード決済のみの店でも怖いものなしだ(*’▽’)たぶん…

 

当たり前のことですが、やっぱり世の中お金お金は大切なのでしっかり下調べをして、余裕を持って留学やワーホリに来た方がいいです。

クレジットカードは2種類持ってきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました